ウェアラブルデバイスで睡眠管理が出来るおすすめランキング5選!

https://sleep-improve.jp/wp-content/uploads/2024/01/名称未設定のデザイン-1-300x300.png
ねる子

睡眠のリズムやサイクルを自分で管理するのが難しいんだけれど、何か良いアイディアはないかな?


https://sleep-improve.jp/wp-content/uploads/2024/02/ドクター睡眠のコピー-300x300.png
ドクター睡眠

最近話題のウェアラブルデバイスなら、カンタン・ラクに毎日の睡眠ケアや管理ができておすすめだよ!任せて!「ドクター睡眠」が睡眠ケアに役立つウェアラブルデバイスについて詳しく解説するよ!

美容や健康、豊かな暮らしの土台となる睡眠は、リズムやサイクルを把握し整うことでより質がアップし、心身ともにコンディションが整っていきます。

ただ、忙しい毎日を過ごしていると、自身の睡眠リズムやサイクルに向き合う時間確保が難しく、そもそも眠っている時の状態でもあるのでどんなケアをするのが良いのかわからないものですよね。

今回ご紹介する”ウェアラブルデバイス”は、睡眠におけるいろいろな要素を測定してより良い眠りのリズム・サイクルを整えることに役立つ話題のツール。

睡眠のウェアラブルデバイスがどのようなツールなのか、機能や活用のメリット、おすすめ5品のお役立ち情報をお届けしていきたいと思います!

目次

睡眠ケアにおすすめ!ウェアラブルデバイスって何?

手首や腕、腰などボディの特定の場所に取り付けたまま睡眠を取り、そのまま眠りにおけるさまざまな要素を側滴できるツールのことを言うウェアラブルデバイス。

眠りに関する悩みや不調がある場合にウェアラブルデバイスを活用すると、自分自身の睡眠状態・習慣・リズムを客観的に把握でき、記録もできることでより安定したサイクルに整えることができます。

睡眠ケアにおすすめのウェアラブルデバイスについて、詳しい特徴や機能を見ていきましょう。

 

つけて眠るだけで睡眠状態を測定できる

睡眠ケアにおすすめのウェアラブルデバイスは、睡眠時に時計のように、または腹巻のように手首や腰に取り付けてそのまま眠ると、睡眠におけるデータを手軽に測定・確認・記録できるツールのことを言います。

睡眠のウェアラブルデバイスにこのような機能が備わっているのは、

加速度センターによるもの 着用時の睡眠状態、動きを察知
光学式心拍センサーによるもの 睡眠時の心拍数変化を常時モニタリング
睡眠状態の認識と記録によるもの
  1. 寝つきの良さ
  2. 熟睡のレベル
  3. 寝起きのスムーズさ

の3つを察知、測定、記録する

という、自分自身の睡眠状態を理解・把握していくための要素をすべて測定・確認・記録できる機能が備わっているからなんです。

睡眠のウェアラブルデバイスの注目の機能となる加速度センサーと光学式心拍センサーが両方備わっていることで相乗的な効果を生み、

  1. 心拍数
  2. 寝返り
  3. 眠りの深さのレベル

という眠りの状態の根本となる要素を精度の高い状態で測定できるようになります。

 

睡眠管理に役立つ要素も測定できる

睡眠ケアに役立つウェアラブルデバイスは、質の良い睡眠を得るための根本的な要素も測定できるので、睡眠と健康、美容や健やかな暮らしをトータルで紐づけたセルフケアが可能になります。

睡眠のウェアラブルデバイスで測定できる項目には、販売元のメーカーや製品によって異なるものの、以下10もの項目測定が可能になっているんですよ。

①心拍 睡眠時無呼吸症候群のリスク判定に役立つ
②体温
  • 睡眠質UPの体温管理
  • 冷えの状態やレベル判断
③呼吸 無呼吸、いびきのレベルを確認できる
④血中酸素濃度 酸素不足のレベルを把握できる
⑤脳波 睡眠時の緊張、またはリラックス状態を判断できる
⑥筋活動 筋肉の緊張、休息レベルを測定できる
⑦日々の睡眠時間 ベストな睡眠時間把握に役立つ
⑧入眠までの時間 寝つきの良さ、悪さを見極められる
⑨中途覚醒時間 中途覚醒しやすいタイミング、時間を把握できる
⑩睡眠の深さ
  • カラダの休息、脳覚醒のレム睡眠
  • カラダ、脳が両方休息しているノンレム睡眠

のふたつの睡眠状態を測定、確認、記録できる

ウェアラブルデバイスを用いることで、上記の10項目を測定でき、自身の睡眠状態や美容、健康ケアにも応用しながらより健やかなコンディション育成に役立ちます。

またウェアラブルデバイスの導入事例は2021年の時点で115.7%にも膨れ上がるため、1人に1台活用の時代が来ることも予想されていますよ。

 

睡眠+健康を紐づけた機能、測定項目が充実

数多くの有名メーカー・ブランドから続々とリリースされ始めている睡眠に特化したウェアラブルデバイス。

メーカーや製品によっては睡眠と健康、美容やダイエット、メンタルケアにも役立つ、紐づけた機能や測定項目が充実したタイプも展開されるようになっています。

ここではベストな睡眠のウェアラブルデバイスを選ぶ際にも役立つ、便利な機能とそれぞれの目的・必要性をまとめてみました。

 

AIによる深層的な学習

睡眠の質を深め、安定したリズムを整えたり、自身の睡眠不調における改善・予防ポイントを押さえておくためには、長期的にウェアラブルデバイスを使った測定が必要になると言えます。

最新・最先端機能を搭載したウェアラブルデバイスの中には、AIを活用して長期的・深層的な睡眠サイクルを学習・記録させて睡眠と体調、メンタルコンディションを一括管理できる機能が搭載されています。

 

健康に関連した4つの健康指標測定

睡眠ケアに特化したウェアラブルデバイスは、健康ケアに欠かすことのできない、以下4つの指標測定も可能になっています。

  1. 血液、血管の健康レベル、生活習慣病リスクを見極められる”血圧”
  2. 糖尿病や糖化リスク、食事の栄養バランスの乱れが判断できる”血糖値”
  3. 血行や循環、影響供給の元となる血液内の酸素量
  4. ダイエットやボディメイク、トレーニング成果の目安となるエネルギー消費量

健康に関連した4つの指標は、クリニックに出向かないとすぐには検査できない項目もあるため、セルフで手軽に測定できるウェアラブルデバイスなら、カンタンで続けやすい健康、睡眠管理ができると感じますね◎

 

ゲームやメールによる測定項目も

睡眠ケアに必要な心拍や血流、酸素状態などは複雑で、覚えるまでに時間がかかってしまうこともあると言えます。

睡眠ケアに紐づいてリリースされたウェアラブルデバイスは、

  • 測定の内容と意味合いを詳しく記載したメール受信
  • ゲームコンテンツの搭載

という特徴もあり、趣味感覚で楽しみながらの睡眠ケアができるようになります。

実際にウェアラブルデバイスでさまざまな項目を測定しても、数値を安定させるには意外に手間暇がかかると言えます。

そんな中にもウェアラブルデバイスのメール受信・ゲームコンテンツは義務感なく趣味や遊びの感覚で睡眠管理ができるため、飽きずに長期的なケアにも役立つでしょう。

 

ウェアラブルデバイスを睡眠管理に活用すると?メリットや実用性を解説!

腕時計程度の小さな機器なのに、測定できる項目や機能がイメージ以上に充実している睡眠に特化したウェアラブルデバイス。

スマートウォッチとも呼ばれているウェアラブルデバイスは、活用におけるメリットや実用性がいくつもあるんです。

健康や睡眠に関する悩みをセルフで手軽にケア・予防したい人に、知って役立つウェアラブルデバイス活用のメリットと実用性を解説。

さらに睡眠管理にウェアラブルデバイスを使いたいと思っている方が見落としやすい、デメリットや注意点についてもまとめてみました。

 

多彩な活用事例

睡眠管理に特化したウェアラブルデバイスは、専門家やドクターの愛用はもちろん多彩な活用事例で人々の睡眠・健康ケアに貢献しています。

ウェアラブルデバイスの主な活用事例を以下にまとめてみました。

物流
  1. 作業員の生体を測定、記録
  2. 作業中の事故防止に役立つ
観光
  1. 仮想空間を現実体験に置き換える
  2. バーチャル的な旅行に活かせる
製造
  1. 作業中の事故防止
  2. 製造過程におけるミスの予防
警備
  1. 警備における人材不足の解消
  2. トラブルや犯罪の予防
医療
  1. 患者の生体情報収集、治療に活かす
  2. 情報収集、分析からの医薬品の開発

睡眠や健康管理に役立つウェアラブルデバイスは、上記のようなビジネスパーソンにとってニーズ・利便性が高いことで、個人ではもちろん企業全体で導入するケースが増えています。

企業の健康経営が重要視されているこの時代、パフォーマンスやモチベーションを高くキープするためにも、ウェアラブルデバイスは役立つツールと言えるでしょう。

 

誰でもカンタンに使える

睡眠に関する測定項目は、実際にクリニックやサロンに出向かないとリアルな数値がわからないことがほとんど。

ですが、忙しい毎日を過ごしていると、睡眠が大切であっても測定にかかる手間暇は避けたいと感じるものですよね。

ウェアラブルデバイスの活用なら、手間暇をかけずともセルフで睡眠と健康に関する項目を精度の高い状態で測定できます。

するとこれまで以上に睡眠や健康に関する意識が高まるため、常に心身のコンディションに気を配りながら不調の改善や予防にアプローチできるようになるでしょう。

 

睡眠と健康状態を把握できる

睡眠と健康は誰にとっても安心で豊かな毎日を送るための永遠のテーマですが、ダイレクトに状態を見極めるの病院での検査や診察、サロンでのカウンセリングや診断が必要になり、手間暇がかかってしまうものですよね。

睡眠や健康ケアに特化したウェアラブルデバイスの活用なら、ひと目チェックしただけで健康や眠りに関するコンディションをすぐに把握できます。

ウェアラブルデバイスで健康、睡眠状態のレベルをダイレクトに可視化できると、不調やこれまでと違った変化に気付いた時にもすぐに対応できるため、結果的に疾患や病気の早期発見・予防にもアプローチできると言えますよ。

 

遠隔介護や見守りのサポートに役立つ

睡眠や健康管理に特化したウェアラブルデバイスは、分自身ばかりではなく介護や必要な親やパートナーとの共有で、遠隔的な介護や見守りのサポートにも活用することができるんです。

ウェアラブルデバイスによる遠隔的な介護や見守りのサポートは、

  1. 使用する親やパートナーの健康、睡眠状態を把握できる
  2. 異常や変化が見られた時もすぐに対処できる
  3. 家族全員の健康管理がひとまとめにできる

という大きなメリットがあり、家族やパートナーの健康や睡眠状態に気を配る方にも最適なツールと言えます。

 

睡眠×ウェアラブルデバイスのデメリット、注意点とは?

セルフでカンタンに睡眠や健康における数値・コンディションを測定して把握できるウェアラブルデバイスですが、向いていない人のタイプや注意点、デメリットがほんのわずかですがあります。

睡眠×ウェアラブルデバイスの意外に知られていなかったデメリット、注意点、向いていない人のタイプを詳しく見ていきましょう。

 

種類の取り扱いにばらつきがある

後ほどにも詳しくご紹介するのですが、睡眠管理におすすめのウェアラブルデバイスには腕時計やインナー、指輪など数多くの種類が展開されています。

実店舗、インターネット上の通販サイトでは、睡眠に特化したウェアラブルデバイスの種類の取り扱いにばらつきがあり、求めている種類の購入がスムーズにならないケースもめずらしくはありません。

また、地方都市によってはウェアラブルデバイスを取り扱う実店舗が少ないことで、実際に目で見て触れてサンプルを見たい場合も、不便に感じるケースがあるでしょう。

 

修理工程が複雑で時間がかかる

性能や機能、品質に安心・期待できるウェアラブルデバイスですが、継続使用による劣化や不具合、障害が起こることも予測できます。

睡眠に特化したウェアラブルデバイスが故障した場合は、実店舗で対応できるケースが少なく、

  • 購入した店舗に持ち込む
  • または購入した通販サイトに送る
  • 店舗または通販サイトから修理に出す

という手間のかかる工程となるため、修理から戻ってくるまではウェアラブルデバイスでの睡眠ケア・管理ができず、ストレスやコンディションの乱れにつながってしまうケースがあります。

一度ウェアラブルデバイスの調子が悪くなると、一時的に睡眠や健康管理ができなくなるため、モチベーションが低下してそのままやめてしまうパターンも少なくはないよう。

またスマホやパソコンであれば修理専門のショップが数多く存在しているものの、睡眠系のウェアラブルデバイスの場合はまだまだ少ないため、不具合が起こった時の負担を感じやすいデメリットがあるでしょう。

 

メカに弱い人には難しく感じることも

シンプルな使い方が話題のウェアラブルデバイスですが、スマホやPCとの連携、ゲームなど機能がたくさん備わっていることで、メカに弱いタイプの方は使い慣れるまでに時間がかかるケースがあります。

睡眠系のウェアラブルデバイスの製品によっては、初期設定や機能に合わせた設定の調整や変更が必要になるケースがあるため、デバイス系に使い慣れていない人の負担に感じ、結局十分に活用できずにムダにしてしまうことも少なくはないのです。

 

睡眠ケアに最適なウェアラブルデバイス!種類と特徴

カラダのさまざまなパーツに身に着けて睡眠や健康状態をチェック、把握や管理、記録もまとめてできる話題のウェアラブルデバイス。

ひとことにウェアラブルデバイスと言っても、好みの使用感やデザイン、用途に合わせて選べるさまざまなバリエーションが展開されているんです。

睡眠や健康管理にウェアラブルデバイスを使おうと考えている方に向けて、選ぶ際にも役立つ種類とそれぞれの特徴、向いている人のタイプを詳しくまとめてみました。

 

腕時計タイプ

腕時計タイプのウェアラブルデバイスは、睡眠時はもちろん日常的にも腕時計感覚で気軽に使用できます。

ファッション性のある魅力的なデザインの腕時計×ウェアラブルデバイスが豊富にリリースされ、睡眠・カラダ・メンタルの生体情報を高い精度で測定したり、スマホやパソコンのアプリと連携しながらマルチな管理ができるところもおすすめです。

腕時計タイプのウェアラブルデバイスは、

  • 携帯がラクなウェアラブルデバイスを探している
  • 睡眠時にストレスフリーで活用したい
  • ファッションアイテム感覚で楽しく愛用したい

というニーズがある方にもおすすめですよ。

 

メガネタイプ

パッと見ではシンプルなメガネにしか見えないものの、実はレンズの部分に画面表示やスピーカーが搭載されている、メガネタイプのウェアラブルデバイス。

ファッションや趣味感覚で活用で着ることはもちろん、好きな音楽を聴きながら睡眠や心身状態の把握ができるところもおすすめです。

そしてメガネタイプに搭載された音楽を聴けるスピーカーシステムは、睡眠や健康、ストレスケアに役立つ音楽も視聴できます。

  • ヒーリング系の音楽で睡眠ケアに取り組みたい人
  • メガネをかける習慣があり慣れている人
  • ファッショナブルなウェアラブルデバイスが理想の人

というタイプにも満足できる種類と言えるでしょう。

 

リング(指輪)タイプ

ウェアラブルデバイスの数ある種類の中でも、レアで希少価値があり、ウェアラブルデバイスとはわかりにくい斬新な種類がリング(指輪)タイプ。

指にはめるだけで生体情報を測定、記録することができ、健康や睡眠管理以外にもメールのやり取り、電子マネー決済などの機能が搭載された製品があります。

  • 手軽なタイプのウェアラブルデバイスを探している
  • リングを普段から付け慣れている
  • 電子マネー決済をする機会が多い

というタイプの方にもおすすめで、きらびやかなデザインのため手元が美しく・魅力的に見えるところもポイントが高いと言えるでしょう。

 

リストバンド型

ウェアラブルデバイスの時計タイプに比べて厚みがなく、主張し過ぎないシンプルなデザインが魅力的なリストバンド型。

ベルト部分はデリケートで薄い手首の皮膚にも馴染むラバー素材を使い、ファッションとしてのアクセントにもなるヴィヴィット・ポップなカラーの製品がリリースされるようになっています。

これまでにご紹介したウェアラブルデバイスの種類に比べるの機能がコンパクトなので、ビギナーの人にもおすすめ。

  • メカに弱くわかりやすく使いやすいウェアラブルデバイスが理想の人
  • リストバンド、腕時計を普段から日常使いし慣れている
  • 睡眠、健康などジャンルに特化したタイプを探している人

にも便利で役立つ種類となっていますよ。

 

コードレスのイヤホン型

20~30代の比較的若い年代の男女に人気を集めている、コードレスのイヤホン型のウェアラブルデバイス。

好きな音楽を聴きながら生体情報を察知して睡眠や血流、心拍数や呼吸をリアルタイムに反映するため、趣味やゲーム感覚で楽しく活用できます。

  • スマホやパソコンと連携して使いたい方
  • 音楽鑑賞が趣味の方
  • お出かけ先、仕事中にもコンディションを把握しておきたい方

におすすめで、コンパクトサイズで持ち運びもラク、スタイリッシュなデザインも人気のヒミツとなっています。

 

インナー・シューズ型

ウェアラブルデバイスの種類の中でも斬新で注目度が高い、インナーやシューズ型。

普段から身につけることが多い、タンクトップ・ビジネスシューズ(ローファー)の見た目そのものなので、プライバシーを守りながら睡眠や生体管理をしたい方にもおすすめです。

  • 日常的に使いやすいウェアラブルデバイスが理想
  • たくさんの機能を必要としない場合
  • ボディメイクにも役立つウェアラブルデバイスを探している

などのタイプにもピッタリで、タンクトップ(インナー)タイプは、身に着けると適度な着圧でボディラインが引き締まり、メリハリのあるスタイルや姿勢の補正にもアプローチできます。

 

クリップ型

パッと見ではよくある文房具のクリップにしか見えない、コンパクトなサイズ感が使いやすく新鮮味を感じるクリップ型のウェアラブルデバイス。

他のウェアラブルデバイスに比べるとサイズ感が小さい分機能が限定されていますが、本当に必要な生体・睡眠状態だけを把握しておきたい場合に役立つ種類です。

  • 超小型タイプでいつでも手軽に使える
  • 衣類に挟んで使うだけのカンタンな仕様
  • オムロンやMISMIなど有名メーカーからのリリースが豊富

というおすすめポイントがあり、性能と手軽さ、メーカーを重視する方にも満足しやすいタイプと言えるでしょう。

 

ウェアラブルデバイスのおすすめ5選!毎日の睡眠管理に役立てよう

誰もが知る有名メーカーから続々とリリースされ始めているウェアラブルデバイス。

ここでは時計やリング、インナーなど種類ごとにおすすめのウェアラブルデバイス7選を詳しくご紹介します。

見た目、性能、必要な機能が備わった理想的なウェアラブルデバイスを見つけるべく、愛用者の多い人気品のポイントをぜひ参考にしてくださいね◎

 

おすすめ①Apple Watch SE

iPhoneユーザーであり、比較的リースナブルな睡眠系ウェアラブルデバイスを探している方におすすめの、腕時計型となるApple Watch SE

腕時計タイプの睡眠×ウェアラブルデバイスは数十万円が一般的な相場ですが、こちらは3万円程度で負担なく購入でき、ビギナーの人にもおすすめです。

  1. 睡眠ステージ、心拍、呼吸と必要な項目を測定できる
  2. どんなファッションにも馴染むシンプルなデザイン
  3. 睡眠スケジュール機能付き

というこだわりが人気のヒミツで、スマホとしての音楽視聴やオンライン決済なども可能になっているため、性能・安さ両方を重視する方にピッタリですよ。

 

おすすめ②FB406 Fitbit Alta

スポーツを習慣にしている人に人気、話題のフィットネスブランドFitbitから誕生したFB406 Fitbit Alta

日常的にはもちろん、睡眠時・スポーツのシーンにまで幅広く手軽に活用できる、リストバンドタイプのウェアラブルデバイスです。

  1. メッセージ通知が備わっている
  2. 腕時計タイプよりもかさばらない
  3. 睡眠、フィットネス両方の管理ができる

FB46 Fitbit Altaは睡眠機能、歩数計、防水機能なども備わっているため、睡眠時に汗をかきやすいシチュエーションでも影響を与えることなく測定できますよ。

 

おすすめ③Oura Ring

リングタイプでつけている感覚なく手軽に活用できる、リングタイプのウェアラブルデバイス・Oura Ring

睡眠コンディションを図る測定レベルは、実は手首よりも指先の方がスピーディで確実と言われているため、カンタンに使えて正確な測定ができるウェアラブルデバイスを探している方におすすめです。

  1. 睡眠状態から心身のコンディション把握ができる
  2. 睡眠以外の瞑想、集中といった50もの項目を測定できる
  3. 月経周期モニタリングなど女性に役立つ機能も搭載されている

スタイリッシュできらびやかなデザインのウェアラブルデバイスのため、機能と見た目の両方を重視する方にもきっと満足できるでしょう!

 

おすすめ④Google pixel Watch

androidのスマホを使っている方におすすめ、Googleのさまざまな機能を睡眠や健康管理に活かせる、Google pixel Watch

パッと見はシンプルでファッショナブルな腕時計にしか見えず、プライバシーを守りながら睡眠や健康管理をしたい方におすすめです。

  1. GoogleとFitBitの性能がドッキングしている
  2. ヘルスケア機能付きでカラダとココロのコンディション管理ができる
  3. アプリダウンロード機能でスマホ、PC感覚で便利に使える

などのおすすめポイントがあり、男女ともに馴染むデザインも人気のヒミツです。

血中酸素やストレスレベルなど、質の良い睡眠を取るための項目も測定可能なため活用をきっかけにより健康的なコンディションに近づいていくでしょう。

おすすめ⑤エムデン ウェルビーリング

ピンクゴールドのフェミニンなデザイン・色味が魅力的で、特に女性に人気の高いエムデン ウェルビーリング

16~21号までの幅広いサイズ展開があり、女性の体型に合わせたサイズ選びでおしゃれに活用できます。

  1. メカに強い方にも安心、複雑な初期設定が一切ナシ
  2. 5.5gの軽量、睡眠時・日常と手軽に使える
  3. 万歩計、睡眠時心拍数など機能が豊富

というおすすめポイントがあり、睡眠ケア以外にもウェアラブルデバイスを活用したい方にぴったりの逸品となっています。

 

おわりに

睡眠の質UP、健康に関連した血流や酸素、呼吸などを手軽に測定して心身のコンディションや睡眠状態を把握・記録できるウェアラブルデバイス。

セルフでの睡眠管理やケアがもっとラクになるウェアラブルデバイスの活用で、日々理想的な睡眠リズムをキープしてくださいね!

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 店舗一覧

ヘッドミント 大須本店 愛知県名古屋市中区大須3-26-41 堀田ビル
ヘッドミントVIP 栄東新町店 愛知県名古屋市中区東桜2-23-22 ホテルマイステイズB1
ヘッドミントVIP 金山店 愛知県名古屋市中区金山1-16-11 グランド金山ビル2F
ヘッドミント 名駅店 愛知県名古屋市中村区椿町13-16 サン・オフィス名駅新幹線口206
ヘッドミント 丸の内店 愛知県名古屋市中区錦2-8-23 キタムラビル1F
ヘッドミントVIP 岐阜店 岐阜県岐阜市神田町8-4 アートビル4F
ヘッドミント 静岡店 静岡県静岡市葵区御幸町4−2 ポワソンビル 7階
ヘッドミント 池袋店 東京都豊島区東池袋1丁目42−14 28山京ビル202
ヘッドミントVIP 藤沢店  神奈川県藤沢市南藤沢21-9とのおかビル5F
ヘッドミント 川崎本町店 神奈川県川崎市川崎区本町1-10-1 リュービマンション501
ヘッドミント 大宮西口店 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-2-7 AOYAMA808ビル4F
ヘッドミント 浦和店 埼玉県さいたま市浦和区東仲町8-2 大堀ビル202
ヘッドミントVIP 蕨店 埼玉県蕨市塚越2-1-17TPビル201号室
ヘッドミント 稲毛店 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-6-7 スエタケビル3階
ヘッドミントVIP 千葉店  千葉県千葉市中央区新町1-13 木村ビル
ヘッドミント 勝田台店 千葉県八千代市勝田台北1-3-19 新緑ビル4階
ヘッドミント 新潟店 新潟県新潟市中央区花園1-5-3 ネットワークビル花園205
ヘッドミント イオン松任店 石川県白山市平松町102-1 松任イオン1F
ヘッドミントVIP京橋店 大阪府大阪市都島区片町2丁目11-18京橋駅前ビル2F
ヘッドミントVIP 東大阪店 大阪府東大阪市長田東2-2‐1  木村第一ビル4F
ヘッドミント 京都祇園店 京都府京都市東山区祇園町北側270-4 Gion Hanaビル 6F
ヘッドミント 和歌山駅前店 和歌山県和歌山市美園町5-7-8 パーク美園町ビル2F
ヘッドミント 広島店 広島県広島市中区幟町12−14 幟町WINビル602
ヘッドミント 鹿児島アミュWE店 鹿児島県鹿児島市中央町1-1アミュWE通路側

 

全国でドライヘッドスパニスト募集中

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントでは、全国の店舗で求人を募集しております。

上記ボタンよりご確認ください。

 

ドライヘッドスパのスクール生募集

睡眠の質を改善できるドライヘッドスパ専門店をこれから開業したい!という人向けにドライヘッドスパスクールも随時全国で開催しております。

また、ヘッドミントのフランチャイズ加盟店の募集もしております。

 

Lix公式オンラインショップ


Warning: Undefined array key "found_avatar" in /home/hottazimuya/sleep-improve.jp/public_html/wp-content/plugins/simple-author-box/inc/class-simple-author-box.php on line 269
堀田 直義

堀田 直義

株式会社じむや代表取締役。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント。予約システム「タダリザーブ」。Lix公式オンラインショップを運営

TOP